コーヒー飲みながら仕事したい

仕事で使う技術的なことの備忘録とか

Pandoc を使って、Markdown を HTML に変換する

主題の通り、 Pandoc というツールを使って Markdown 形式のファイルを、HTML形式に変換します。

前提

環境は、例によってWindows 10 Home 64bit です。

Pandoc のインストール

  1. github pandoc から最新版の Pandoc-XXX-windows.msi を DL
  2. DL した msi ファイルを実行し、インストール
  3. システム環境変数 Path に、 %USERPROFILE%\AppData\Local\Pandoc を追加する
  4. コマンドプロンプトを起動し、pandoc --version が実行できることを確認

追記

最新版(とりあえずVer2.1.2)に更新したりすると、うまくインストールされない場合がありました。
なぜか1回アンインストールした後再度インストールしなおしたら %USERPROFILE%\AppData\Local\Pandoc に展開されたので、失敗した場合は上記方法を繰り返してみたらいいかもしれない。

参考

qiita.com

実行方法

基本的な使い方

以下を実行するだけです。

pandoc <Markdownファイル名> -o <アウトプットファイル名>

アウトプットファイル名に XXX.docx とやると、docx 形式のファイルに変換されるし、
XXX.html とやると、 html 形式で変換されます。
とても簡単です。

html 形式における画像の埋め込み

上記の実行だけでは、画像がリンクとして貼られてしまいます。
第3者へ配布する等の目的がある場合は、画像は埋め込みになっているほうがいい場合があります。
埋め込みには、以下の通り --self-contained オプションを付加します。

pandoc test.md --serlf-contained -o test.html

独自 css の利用

そのままでは css が味気ないです。
以下の通り -c XXX.css で独自の css を利用して html を出力できます。ついでに -t html5 としておくと、 html5 に対応可能となります。

pandoc test.md --serlf-contained -c xxx.css -t html5 -o test.html

とりあえず以上です。